/
実践からの経験

最高のチームリーダー、ヤン・レゲシュが私に教えてくれたこと

18. 12. 2022

ヤン・レジェスは、同僚であり友人であり、特に素晴らしい人物で、SiteOneデジタルエージェンシーで15年以上働いています。彼は、私がプログラミングを始めたときの最初のチームリーダーでした。私がメモしておいて、何年も経ってからようやく理解できるような有益なノウハウをいつも教えてくれたので、私たちの協力関係をとても懐かしく思います。

以前、ヤネックにインタビューしたことがあるのですが、そのときに、後輩と仕事をすることをどう考えているのか、どうすれば本当にうまくいくのか、振り返って聞いてみました。数年前に思っていたことと、今の自分の受け止め方が違うということが、ずいぶん前からわかってきました。コラボレーション、謙虚さ(人に対して、技術に対して、会社に対して)、...要するに、ヤネックが見事に書いてくれたのです。

ここでは、彼の洞察を紹介します。

  • あなたは若く、知的で、とてもスキルがありますが、プログラミングでもビジネスでも、自信過剰だと思います。
  • 現在の自分の知識、知見、可能性のある人脈さえも謙虚に受け入れ、あと数年は意識的に世界(テクノロジー、ビジネス、パーソナリティ...)を探求してみましょう。電車に乗り遅れることもありません。より大きな、より困難な決断が必要なとき、そのためのデータや経験、より洗練された直感を手に入れることができます。
  • 自分がどのスキルや技術に最も長けているのか、あるいは最も伸ばしたいのかを把握し、それに基づいて次の就職先を選ぶようにしましょう。
  • お金のためではなく、仕事をした、チームが豊かになった、価値を提供できた、ニーズを満たすことができたという気持ちの良さのために行くのです。ありきたりですが、プロフェッショナリズムの正しいあり方にこだわれば、お金もついてくるのです。
  • どこかから始めるのであれば、自分の仕事環境が誰に届けられるのか、そして自分の「品質」や「価値」が、実際にプロジェクトを依頼し、お金を払う人たちにどう認識されているのかをマッピングして理解することです。単に「良いコード」ではなく、高い品質と価値を提供するために集中することを学びます。企業やプロジェクトの中には、完璧で厳密にテストされ、今後10~15年間は動作することが分かっている小さなコードの断片を納品しなければならないものもあります。しかし、2~3~4年にわたるプロジェクトで、期待される品質や価値がプログラマーの考えとまったく異なるものもあります。それを察知し、区別し、必要であれば同僚やクライアントにこのような質問をすることを学びます。
  • 数年に一度、2-3年前のコードを見れば、以前は最先端だと感じていたとしても、必ずダメになることを自分で認めてください。社内であれ社外であれ、「クライアント」が認識する結果としての品質に焦点を当てる方が、より良いし、より有望です。それらは、あなたや、過去に一緒に仕事をした仲間やクライアントに、将来にわたって残り、充電される最もポジティブなものなのです。
  • 新しい環境に心を砕く - 彼らの「問題」はどこにあるのか、自分の際立ったスキルで彼らを最も助けられるのは何か、それを上司に伝え、質の高いコードではなく、質の高い結果を念頭に置いて実行すること。もしかしたら、プログラミング以外のあなたの強みを必要としている環境かもしれません。
  • しかし、常に謙虚に、本当の責任を持ち、その決定の成功とリスクを今後何年にもわたって負う覚悟のある他者の視点と意見を尊重し、理解するように努めましょう。プログラマーで言えば、技術的な判断、スタックの選択、あるいは方向性や長期的な戦略などがこれにあたります。
  • プログラマーとして、常に厳密なテストを行った作品を提出すること。毎回コミットする前に、diffにあるコードの全行を読んでください。用意されたUIインターフェースをX種類のシナリオでテストし、シンプルで洗練されたユーザーを自分の中でたくさん演じてみてください。テスターや余計なCRに頼らず、チームがこれらのプロセスを機能させることで、良いサポートボーナスになるのです。
  • KISSの法則を念頭に置き、過剰なエンジニアリングに注意すること。シンプルに、しかし効率的に、完璧に、安全に、明確な境界線を持って物事を行えば、原子力の超モジュール型発電所や建築を発明するよりも優れています。何をするかによりますが、ほとんどの場合、よりシンプルなソリューションを選択する方が良いと思います。
  • アーキテクチャの判断が正しかったかどうかは、何年も運用し、将来の機能を実装した後に必ず明らかになります。残念ながら、現在のプログラマーの多くは、むしろすぐに転職してしまい、以前の判断のプラス・マイナス、つまり良かったのか悪かったのかが分からないのが現実です。
  • ビジネスだけでなく、誰のために何をするのか、その真価が問われる良識ある公正な人を見抜き、共に働くことを学びます。
  • 家族の誰かに何をやっているのかと聞かれたときに、その答えが正直で、インターネットの世界で顧客のニーズや夢をかなえる手助けをすることであって、完璧なプログラマーになることや完璧なコードを書くことではないような生き方、働き方をすることです。完璧なコードというものは存在しませんが、良いコードであったという唯一の証は、何年か後にあなたのプロジェクト/製品のオーナーや共同開発者が、「いつも一緒に仕事ができて良かった」「さらに拡張するのが快感だった」と褒めてくれたときです。
  • 落ち込まず、心身の健康を考えてください。1日8〜10時間しか働かない。時間外や休日にPCに向かう時間を選んだとしても、それを「やらなければならない」仕事と呼んではいけないのです。後から考えても、素晴らしい決断だったと自分に言い聞かせるようにしましょう。私自身、仕事に膨大な時間を割いていますが、それは時間外に行うことがストレスにならず、幸せで、チームや自分自身のプロフェッショナルな環境を向上させ、何年経っても、そこに投資した時間を後悔しないためだけなのです。自分のやりたいこと、家族が許してくれる範囲でしかやらない。自由を感じるし、わかるんです。16年以上やっているのに。
  • 前項を書いたのは、あなたが私と同じくらい時間をかけていることは明らかですが、振り返ってみると、それが時間の最善の使い方ではなかったと評価することが多いからです(典型的には、間違った人やプロジェクトのために働いています)。慎重に、そして意識的に、明確に合意された条件でコラボレーションを選択することです。
  • 自分の人生の使命を知り、認識し、実現する。たとえ、それを実現するために困難な時期を経験したとしても、少なくとも自分の進む道が正しいかどうか疑うことなく、無意味なことを反芻するのではなく、途中の障害を克服することに集中することができます。

Jan Barášek   Více o autorovi

Autor článku pracuje jako seniorní vývojář a software architekt v Praze. Navrhuje a spravuje velké webové aplikace, které znáte a používáte. Od roku 2009 nabral bohaté zkušenosti, které tímto webem předává dál.

Rád vám pomůžu:

Související články

1.
11.