/
実践からの経験

学校卒業後、プラハに移り住む - 私が恐れていたこと

18. 12. 2022

Obsah článku

2016年、クラドノの工業学校を卒業しました。あの頃は、世の中の仕組みがよくわからなかった。今は少しはわかるようになったが、まだ本当のことは何もわかっていない。当時は、プラハに移り住んで仕事を見つけ、一人でやっていく必要があると思っていました。大変でした。あなたが思っているよりずっと難しい。自分が一番気になるトピックについて24の質問を書き出し、すでにプラハに住んでいてナビゲーションの方法を知っている友人に少しずつ聞いていきました。

プラハでの最初の1年間は極限状態でした。そんな物価の高さと、土日も含めて毎日朝から晩まで働かなければならないことに慣れなかったのです。しかし、長い年月を経て、私はついにそれを実現し、今では、とてつもない心の平穏、経済的・時間的自由などを体験していると断言できるのです。

今まで答えられなかった24の質問、その答えがわかりました。

プラハのアパートはいくらかかるのか、どんな選択肢があるのか、私にその余裕があるのか?

2016年、小さなアパート1+KKを借りる場合、月10 000CZK前後+光熱費など2 000CZK前後でした。

現在(2022年12月)、月13~15万円程度です。あなたにはたくさんあるように見えるかもしれませんが、プラハは決して安くはなく、万人向けとはほど遠いものなのです。

月2〜4千円程度の大学の寮もあることを知ったのは後年になってからです。でも、ひどい画質が得られるので、私ならやめときますね。そこで、大学には行かず、自分の力で商売をしようと思ったのです。

マージンはどの程度必要ですか?

何とも言えませんね。プラハに行ったとき、5万CZKほど貯金があった。当時はギリギリでしたが、今は極端に少なくなっています。

今はあまりお金の心配をすることはありませんが、いつも守っている3つの原則があります。

  • 私は少なくとも3つの銀行口座を持っています(贅沢をするための当座預金とデビットカード、予備を置くための普通預金、第一の口座に何かあったときのために第二の銀行の第二の当座預金)。
  • 私の全財産の合計は15万CZKを下回ってはならない。万が一の場合は、必要なものだけに絞って、なるべく早く予備費を補うようにしています。何が起こるかわからない(特にビジネスをやっている場合)。私は、少なくとも30万クローネを最適な準備金と考えています。しかし、実際には、もう少し残すようにしています。銀行口座に何かトラブルがあったときのために、お金の10%くらいは現金で持っています。
  • 最低でも給料や収入の3ヶ月分の蓄えは絶対に持っておくこと。何が起こるかわからない。延滞している請求書がある場合、お金が必要になります。

ルームメイトは良いアイデアなのか?

はい、そうです。家賃が半分くらいになるだけでなく、一緒に問題を解決してくれる人がいるからです。

よく選んでください。最初の男に与えるな。最初の1年間は自分ひとりで対応するようにしてください。そうすれば、新しいタイプの問題に素早く適応できるようになります。親元を離れるのはいつだって辛いものです。

最低でも月にいくら稼げば生きていけるのか?

個人的には、プラハで月5万CZK以下では生活できない。IT業界で働いている人でない限り、わからない。

もし会社に採用されたら、初級職で月収4万CZK以上、1年間協力したら5万CZKに上がらないかと聞いてみることです。

私が十分に知っていると思いますか?

当時は、自分でウェブサイトをコーディングして、データベースを使った小さなバックエンドを書くことができました。小さなサイトならそれで十分でした。しかし、今の目から見ると、それだけでは不十分だったのです。それは、生き残るためというより、大きなリスクを伴うものでした。

どのような方向で教育を修了すればよいのでしょうか?

個人的には、少なくとも創業1年目は、気に入った会社に行って採用されるか、せめてインボイスで外勤することをお勧めします。実際の企業がどのような問題解決をしているのかを知ることができます。お客さんとの交渉の仕方、言い分は通用しないこと。1年後に会社で学ぶことは、たぶん5年後に自分自身で見つけることになるのです。その時、より良い視点が得られるはずです。

パートナーをお探しの方は、ぜひ私に一声かけてください。

学校を卒業してすぐに働き始めるのは現実的でしょうか?

はい。ほとんどの人だって、学校卒業後すぐに、あるいは少なくとも在学中に働いている。

私は就職しやすく、すぐにでも働けるタイプなのでしょうか?それはなぜでしょうか?

ほとんどの人がすぐに採用されます。会社が何とかしてくれる。個人的には、ただ仕事をこなすのではなく、新しい道を切り開くことが好きなので、無職になりがちなんです。それは自分で評価してください。

雇用されるのと起業するのとどっちがいい?

経済的な面では、起業家になったほうがいいに決まっていますが、やはりストレスや責任、時間といった代償を払うことになるのです。安心が欲しい、毎日3時間残業するのが嫌なら就職すればいい。

何から手をつければいいのか?

サーチ!

またはメールしてください、お手伝いします。:)

仕事を失ったら?それにどう対処するのか?マンションを売らなくてもいいくらいの支援なのか?

政府の支援をあてにしないこと。だからこそ、金銭的な余裕を持つことが必要なのです。仕事を続けられるようにしなければならないのです。通常、人生において助けてくれる人は少ないので、最初からトラブルに対処する良い習慣を身に付けてください。

幸いなことに、私は誰にも借金をしたことがなく、家賃も毎回きちんと支払っていました。これが普通ではないかもしれないと実感しています。

どれだけ簡単に「壊れる」ことができるのか?どこに相談したらよいですか?

少し判断を誤るだけで、そこにいる。

通常、ほとんどの問題を自分で解決しなければなりません。良い人間関係に努め、すでに成果を上げている友人を探す。きっと彼らの協力が必要なのでしょう。最初から積み立てをする。新しいiPhoneはそれほど必要ないかもしれません。金曜の夜に出かけることより、アパートの家賃を払うことの方が大事だ。

もし私がWebサイトのプログラミングをしたら、潜在的な顧客に対して何かヒントはありますか?

あまり良いヒントは得られませんでした。当時は1件1万円以下の仕事でしたが、常に最低でも1ヶ月はかかる仕事でした。多くのクライアントが品質に異議を唱え、無償での修正を求めてきたのです。何百時間もかけてコミュニケーションを取りました。一方で、人生において他の選択肢はあまりなく、どん底から這い上がるしかないのです。

いわゆる「持ち上げ」、つまり会社がプロジェクトで教えたハードスキルを短期間(半年くらい)で身につけた経験者に会うことがある。でも、普通はあまりうまくいかず、むしろ錯覚してしまうんです。ITの世界でも、ビジネスの世界でも、近道はないのです。一生懸命やるしかない。

1週間に何本ウェブサイトを作れば生き残れるか?

現在、私が手がけるプロジェクトは、せいぜい年に1回程度です。当時は、月に2つくらいのプロジェクトをこなすのが精一杯でした。しかし、それらは小さなサイトでした。

必ず事前に課題を明確にしておくこと。できないのであれば、プロジェクトを受けないでください。決して必ずや、より良いオファーが見つかるはずです。全く出さないなら、採用されろ。

グリッドシステムをどのようにお考えですか?テンプレの原理は好きですか?みんなに買ってもらえるかな?

当時は、Bootstrap(当時はGridがモダンでした)でテンプレートを買ってきて、コンテンツを詰め込んで立ち上げるという方法でプロジェクトを構築していました。問題なく使えました。今となっては、もうそれだけでは不十分かもしれません。Webサイトの品質に対する要求は、常に高まっています。

どうやって税金を払えばいいんだ?会社を設立したほうがいいのでしょうか?その場合、友人に手伝ってもらうのが良いのでしょうか?

ほとんどの情報は、当局のホームページに掲載されています。まずは個人事業主として設立し、当局と折り合いをつけることをお勧めします。健康保険と社会保険を毎月支払うだけで、保険会社自身が居住地の支店に行くと指示を出してくれます。年に一度、確定申告を行います。

会計士を雇い、2千ドルほど渡せば、対応しなくて済むのでおすすめです。

請求書はオンラインツールで発行されます。手動でやらない方がいい。

すべての収入と支出を表計算ソフトに記録して、横に置いておくと便利ですよ。

わからなければ、メールで問い合わせてください。

1サイト3000クラウンという価格は、流動的なのか、まともなのか?

極端に少ないですね。今日、私は100万クローネ以下のプロジェクトは販売しません。月にいくら稼ぎたいのか、1日に何時間働きたいのか、月に何件できるのか、などを計算すると、時給が出てきます。そして、時間給とプロジェクトの複雑さの見積もりに基づいて、おおよその価格を知ることができます。

常に15%以上のリザーブを設定し、クライアントには内緒で、高い方の価格をそのまま提示する。たとえパンや家賃がなくても、決して原価割れをしてはいけない。あなたをダメにします。

プロジェクトを完成させることができず、その結果、収入が少なくなるケースも想定しておいてください。ついていけないからと過剰に請求するのは失礼にあたりますし、相手もその気にならないかもしれません。その場合、仕事を完全に失ってしまう可能性があります。

個々のサービスに対して、簡単な価格表を作成したほうがいいでしょうか?

もちろんです。価格交渉がしやすくなります。クライアントは、個別価格の不明瞭さと混沌さを好まない。

常に透明性のある価格伝達を行う。コストを度外視してください。

ホスティングとドメインのコストは、価格の一部とすべきか、それとも追加項目とすべきでしょうか?

間違いなく別物です。クライアントは、いつでもあなたから別のサプライヤーに立ち去ることができるはずです。また、話を続けたくないような不向きなクライアントに出会った場合にも有効です。ソースコードはクライアントのもの(お金を払ったのだから)なので、その点は注意してください。

必ず全項目について契約書を作成すること。また、フレームワーク契約と呼ばれるものを締結しておく必要があります。数十時間かけてテンプレートを用意し、それを編集するだけ。

私たちがコラボレーションする本当の理由とは?価格も関係しているのでしょうか?

私はお客様にこんな質問をしたことがあります。当時は、極端に安い値段で売っていたため、価格が主な理由でした。

現在では、私はより高価な請負業者の1つであることが多く、クライアントは実際にプロジェクトを提供することで私と仕事をするのです。このレベルに達するには、何千時間もの作業が必要で、近道はないのです。

常に誠実に仕事をする。自分のミスを誰かのせいにしない。間違いは無料で直すのが礼儀です。利用されないように。契約書に協力の境界線を設定する。24時間365日のサポートを無料でやるなよ。

もし私がもっと高かったら、他の人にサイト運営を任せる?現場はどうなっていただろう?

その時、値上げの影響でほとんどすべての顧客を失ってしまったんです。でも、お金がない人と一緒に仕事をするのは嫌でしょう。コストは上がるし、価格も上がりますよ。賢い選択をする。

フルタイムの仕事、私だけのために何か知っていますか?

メールください、アドバイスします。

私を推薦していただけますか?そうすると、これは礼儀からくるたわいのない話になってしまうのでは?

ITに絶対的な満足などありえないから、ほとんどのクライアントはあなたを推薦しない可能性が高い。あなたは、彼らのプロジェクトを提供する大きな責任を負っています。そのプロジェクトは、その合意された価格では完璧にできないほど極端に複雑なため、決して完璧ではありません。

紹介を丁寧に集める。誰も知らない人の意見ではなく、具体的な習得目標を提示すること。

Webプロジェクトからの「受動的」な収入だけでいいのだろうか?お金を稼ぐサイトを運営するのと、積極的に創作活動をするのと、どちらがいいのでしょうか?

一生働くことになる。

私の友人であるMarek Prokopがかつて言ったように、本当の受動的収入というものは存在しないのです。

Jan Barášek   Více o autorovi

Autor článku pracuje jako seniorní vývojář a software architekt v Praze. Navrhuje a spravuje velké webové aplikace, které znáte a používáte. Od roku 2009 nabral bohaté zkušenosti, které tímto webem předává dál.

Rád vám pomůžu:

Související články

1.
10.